慢性鼻炎・蓄膿症(副鼻腔炎) 手術治療 耳鼻咽喉科 サージセンター浜松

English Site

サージセンターの鼻科手術の特徴 安全な日帰り手術の実現

安全な「全身麻酔日帰り手術」を実現している理由

通常の全身麻酔には、手術時間が長いことを前提として、呼吸の通路を確保するために気管にチューブを挿入する方法が用いられます。気管の粘膜は刺激に対して過敏に反応することから、この反応を抑制するために、筋肉を動かないようにする薬剤(筋弛緩剤)や、麻酔を深くするために十分な麻酔薬を使用します。

これに対してサージセンターの全身麻酔には、のどに挿入するマスク(ラリンゲアルマスク)を用います。気管粘膜に刺激を与えることがないため、筋弛緩剤が不要で、麻酔薬の使用量も最小限に抑えることができます。

サージセンターでは、以下のステップで麻酔が行われています。はじめに、ラリンゲアルマスクの挿入に必要な静脈麻酔剤を1回だけ投与します。ラリンゲアルマスクが挿入されたら、術中の疼痛を遮断するため、鼻内に局所麻酔剤を注射します。その後、低濃度の吸入麻酔剤を投与し、必要最小限の睡眠を持続させます。

以上のような麻酔法によって、痛みを感じることのない快適な睡眠状態を30~40分程度得ることができ、手術終了後には、数分で会話が、さらに30分程度で正常な脳および身体的な活動が可能となります。

短時間手術によって可能となる回復の早い全身麻酔法

当院の副鼻腔手術

つまり、30~40分という限られた時間内に必要な手術を完了させること-すなわち「短時間手術」―を前提とすれば、上記のような麻酔法のもとに手術を行うことができ、痛みのない手術そして早期の回復という、全身麻酔の長所と局所麻酔の長所を同時に満たした、安全な「全麻日帰り手術」が実現するのです。

サージセンターが提供する安全な「全身麻酔日帰り手術」

当院の副鼻腔手術

技術に裏づけられた「短時間手術」、経験豊富な麻酔専門医、そして20年にわたり全身麻酔の手術を「短期入院手術」から「日帰り手術」へと進化させてきたコメディカルスタッフが、サージセンターの「全身麻酔日帰り手術」という治療システムを支えています。

安全な「全身麻酔日帰り手術」とは、一朝一夕では成しえない複数の要素が結集した高次元の医療システムであり、現在のところ同様の治療を行うことができる施設が現れない理由がここにあります。

※心臓病、脳疾患、糖尿病など、重度の基礎疾患のある方は、当サージセンターにおける日帰り手術および短期入院手術の対象とはなりません。

全身麻酔日帰り手術の目的・意義

サージセンターで手術を受けられる患者様の中には、特に治療もしないまま、何十年も蓄膿症(慢性副鼻腔炎)やアレルギー性鼻炎の症状に苦しんできたという方が多くいらっしゃいますが、その主な理由として挙げられるのが、痛みに対する恐怖、日常生活に支障をきたす長期入院への抵抗です。

「全麻日帰り手術」は、患者様が積極的に治療に踏み切ることを妨げていたこれらの障壁を取り払い、早期に、健全な鼻の機能を取り戻すことを可能にする画期的な治療システムです。

私たちがこのような新しい手術治療システムを推進する理由は、成人のみならずとくに小児においても、"正常な鼻からの呼吸"を取り戻すことが脳や身体の健全な発育のために重要であり、難治性のアレルギー性鼻炎や蓄膿症が急増している今日、どのような患者様に対しても安全に提供できる手術治療システムの確立が早急の課題と考えているからです。

治療にかかる時間的・経済的負担の少ない治療の普及は、今後の医療環境の向上につながる社会的な意義において重要だと考えています。