慢性鼻炎・蓄膿症(副鼻腔炎) 手術治療 耳鼻咽喉科 サージセンター浜松

English Site

患者様の声

伴野 伸治 様
  • 伴野 伸治 様
  • 東京都国分寺市
  • 後鼻神経切断術 | 鼻中隔手術 | 下鼻甲介手術
  • 日帰り手術

2010年4月サージセンター東京にて内視鏡下後鼻神経切断術・鼻中隔彎曲矯正術・下鼻甲介手術 施行。

子供の頃からずっと鼻をフンフンとする癖がついていたので、昔から鼻の通りは悪かったのかなぁと認識はしていました。

ただそれが仕事中とか、そういった時でも気になるようになってきてしまったものですから、一度診てもらおうかなと思って、サージセンター浜松の方に伺ったわけなんです。

片方の鼻から偏って鼻水が出てくるんですが、逆にもう片方の鼻は詰まっていて通りが悪くて、鼻をかむ時とかもかなりかみにくい感じだったんです。

特に風邪をひいたりしている時は、鼻症状がひどくなって寝苦しくなったりしますし、あとはどうしても鼻で息がしにくいので、口を開けたまま呼吸をしてしまったりという状態でした。

睡眠の途中でも喉が渇いてしまいますし、朝起きると喉がカラカラで水分を大量に取ったりしてしまうという感じでしたね。

1回目の手術後は口でしか息が出来なかったものですから、かなり辛いなとは思いました。

1週間は我慢が必要ですって言われていたのである程度は覚悟をしていたのですが、やはり結構辛かったです。

強く鼻がかめないというのが、なかなか厳しかったですね。

痛みは我慢できないってほどでもなく、手術後だから多少はしょうがないかなって程度でした。

1回目の手術後がとても苦しかった反面、詰め物を取った後はすごく快適になりました。

全身麻酔は一度胃カメラでやったことはあるんですけど、いつ意識がなくなるのかなとか考えながら手術に臨んだので、結構緊張はしましたが、術後いつのまにか、気が付いたらベッドに移されていたって感じでした。

術後は鼻の通りが、とてもすごい・・・今までと全然別世界みたいに違うので、気にすることがほとんどなくなりました。

インターネットを見ていても、鼻の通りが悪いって人はかなりたくさんいるので、思い切って手術を受けた方が良いと思います。

私は思い切って手術を受けて、本当に良かったなと思います。