慢性鼻炎・蓄膿症(副鼻腔炎) 手術治療 耳鼻咽喉科 サージセンター浜松

English Site

患者様の声

山崎 哲志 様
  • 山崎 哲志 様
  • 東京都調布市
  • 副鼻腔手術 | 鼻中隔手術 | 下鼻甲介手術
  • 日帰り手術

2010年3月サージセンター東京にて内視鏡下副鼻腔手術・鼻中隔彎曲矯正術・下鼻甲介手術 施行。

最初は鼻づまり・・・というか常に慢性的な鼻炎だったんで(花粉症とかはなかったんですが)、ちょっと鼻水が出るとすぐ鼻がつまるとか、ほんとにちょっとしたことで鼻がつまっていたんです。

それが手術後はちょっと風邪をひいたり、何かあっても鼻がつまるということがなくなったんで、それはもう手術の効果かなぁと思っています。

鼻水とか鼻づまりというのが、昔、小学生の頃からずっとだったんで、逆に言うとそれが当たり前のものという感じでした。

この前蓄膿症っぽくなった時に、会社が近くなのでたまたま通りかかったんです。

会社に同じような手術をされた方がいたんですが、こちらは日帰り手術って書いてあったんで受診してみました。

普通の耳鼻科だと思って寄ったんですが、いろいろ診てもらって手術をした方が良いということだったんで、「じゃあやろうかっ。

」という感じで手術も決めました。

手術自体は初めてだったんですけど、「麻酔ってこういうもんなんだぁ。

」って感じで、あっという間の手術だったんで心配とかは無かったですね。

術後の状態については、一応術前に言われていましたし、会社の先輩の話もあったんで、だいたいどんなものかっていうのは分かっていたんですが・・・まぁ通常の鼻づまりとさほど変わりなくといった感じでした。

ただ、術後しばらくはちょっと味がなかったのと、あとは鼻中隔の手術をしたのでしばらくは歯がしびれて(歯の手術をした後の麻酔のような感じ)いたのが気になったくらいですね。

痛みはほとんどなかったです。

もっとズキズキするのかなと思ったんですけど、それほどでもなく・・・最初の手術の方がけっこう大がかりでしたが、2回目の手術の後は気にもならなかったです。

術後の状態は、自分では鼻がつまらなくなったということですね。

あと家族の話だといびきも全部では無いがかなり無くなったという話しは聞いているんで、そういう意味では夜間も鼻呼吸がちゃんとできるようになっているのかな?と思いますし、口が乾燥するようなこともほとんどなくなったんで、鼻で呼吸ができているんだなと感じてもいます。

1週間の入院とか大がかりではなく日帰りで手術が出来たんで、仕事へもさほど影響なく手術が受けられ良かったと思っています。