慢性鼻炎・蓄膿症(副鼻腔炎) 手術治療 耳鼻咽喉科 サージセンター浜松

English Site

患者様の声

林 忠男 様
  • 林 忠男 様
  • 千葉県市川市
  • 副鼻腔手術 | 鼻中隔手術
  • 短期入院手術(1~2泊)

2009年1月・3月サージセンター浜松にて内視鏡下副鼻腔手術・鼻中隔彎曲矯正術 施行。

30年以上前、幼少期からすでに鼻水と鼻づまりの症状がありました。

でも、薬を飲んだり、耳鼻科に通ったことは一度もありませんでした。

その後、やけに鼻がつまるようになって、近所の耳鼻科に行ったら、鼻茸が両側にあると言われて、驚いて・・・ 先生に早く手術できる病院に行ったほうがいいですよと言われたんです。

ただ今までいろいろな話を聞いており、鼻の手術は口の中を切って手術をするという恐ろしさがあったので、やめようかなと思っていたんですが、インターネットで見てみたら、サージセンターが見つかったんで・・・。

サージセンターでの手術については、事前にこういうふうに手術をしますよという説明があったので、全くでは ないんですけどほとんど恐怖感というものはなかったと思います。

全身麻酔も、本当に数秒、2~3秒くらいで意識がなくなり、気づいたら手術が終わって病室にいて・・・という状態でしたので、全く問題なく終わりました。

術後の痛みは、全く無かったわけではないですが、本当に何の問題もありませんでした。

我慢できるくらいというか痛さもそんなになかったですね。

手術よりも、やはり詰め物のガーゼを取る時が辛かったです。

何枚ガーゼが入っているかも分からなかったので・・・処置する前に何枚入ってますよと言ってもらったほうが覚悟が出来て良かったかもしれません。

スタッフの方の対応も良かったですし、部屋も個室で、テレビ、ビデオなどのサービスも全部無料ということでしたので、入院中も快適に過ごせました。

食事も素晴らしかったです。

栄養バランスも良く、量もちょうど良かったです。

ただ1点、翌日シャワーを浴びた時に、シャワー室の汚れ(カビ)が少し気になりましたが・・・。

それだけですね。

あとはもう完璧でしたね。

手術前に1番イヤだったのは、会社の会議で発表する時に鼻が詰まっていて辛かったことなんですが、手術後はそれがまずもう楽になりましたし、声も通るようになって聞きやすいと言われるようになったので・・・本当に手術を受けて良かったなと思います。

会議の発表の時はずっとしゃべり通しですからね・・・鼻の手術のおかげで余計に説得力が出たのではないかなと(笑)。

ホームページの術後インタビューの話などを見て、最初は本当かな?と半信半疑だったんですが、実際に手術を受けてみて、本当に皆さんのおっしゃる通りだな~と思いました。

手術終わった後にね、うそじゃないなと思いましたね。

術後は香りもわかるようになりましたし、術前と比べるとほんとに世界が変わりましたね。