慢性鼻炎・蓄膿症(副鼻腔炎) 手術治療 耳鼻咽喉科 サージセンター浜松

English Site

患者様の声

2009年6月サージセンター東京にて内視鏡下副鼻腔手術・下鼻甲介手術 施行。

鼻づまりの症状は成人してから急に始まり、とてもひどくて困っていました。

通年性のもので、夜も眠れないくらいでした。

治療としては、その時その時で市販の点鼻薬で抑えるくらいしかしていなかったですね。

海外にいた時には、間違って風邪用の点鼻薬を使ってしまい、症状がひどくなり粘膜が腫れ上がってしまい大変でした。

それからは病院に行って、ちゃんとした点鼻薬を使うようになりました。

あまり効果があったかは分かりませんが、一応鼻づまり症状は一時的には和らぎました。

それ以外の治療は特にしていませんでした。

サージセンターを知ったきっかけは、インターネットです。

主人の仕事場がすぐ近くにあったので、近くがいいなと思っていて見つけました。

もともといびきの治療をしようと思って探していたのですが、診察をしたらいびきの原因が鼻にあったことが分かりました。

鼻の手術をしようと決めたのは早かったです。

何しろ、いびきは被害届けが出ていましたから(笑)。

本人は何も分からないまま、とにかく「ごめん!」と。

でも、手術も全身麻酔も初めてだったので、すごく不安がありました。

特に、痛かったらどうしようという痛みへの不安が強かったです。

今は、やって良かったと思っていますが、術後すぐはやっぱり辛かったですね。

詰め物が・・・。

手術中は、こっちは何もしなくていいじゃないですか。

全身麻酔もすぐ寝てしまって楽だったのですが、醒めてから、詰め物が入っている1週間が辛かったです。

術後は動くのがしんどくて、鼻に何か入っている状態なので食欲はあまりなかったですが、仕事はしていなかったのでゆっくり休めました。

手術を受けて辛かったのは、詰め物が入っていたということだけでした。

だから、詰め物が取れた時は幸せでした。

取っている最中は微妙でしたが(笑)。

術後は、夜も眠れるしだいぶ違いますね。

鼻の状態も良好です。

サージセンターで受けて良かったなと思う点は、私は本当に痛がりで怖がりなんですが、スタッフの方たちが、そんな私を許してくれたことです。

本当に大変だったと思うんですけど、逃げ回るから(笑) でも皆さん、我慢強くて、親切で・・・助かりました。

リカバリールームも快適でしたし、特にこれ以上の要望はないです 皆さんに、本当に有難うございましたという感謝の気持ちをお伝えしたいです