慢性鼻炎・蓄膿症(副鼻腔炎) 手術治療 耳鼻咽喉科 サージセンター浜松

English Site

患者様の声

相吉 奈津子 様
  • 相吉 奈津子 様
  • 千葉県船橋市
  • 後鼻神経切断術 | 下鼻甲介手術
  • 短期入院手術(1~2泊)

2008年10月サージセンター浜松にて後鼻神経切断術・下鼻甲介手術 施行。

小さい頃から、とにかく透明な鼻水がずっと出ている・・・もう出っ放しという状態でした。

市販の鼻炎薬を飲んだり、病院の薬もいろいろ飲んでいたんですが、だんだん身体が慣れて効かなくなるんですね。

中学生くらいからですから、もう何十年ですかね・・・30年以上も前からずっと鼻水を垂らしている状態でした。

そんな状態ですから、いろいろと制約されてしまうんですよね。

プールも入れないし、運動もできない、みんなとサウナとかにも行けないですよね。

とにかく鼻を垂らしてますから、ずっと!!手の届く範囲には、いつもちり紙がありました。

鼻のレーザー治療も受けましたが、全く駄目でした。

薬を飲むと当然眠いんですね。

眠くならないような薬を飲んでも眠くなりますから、頭が常にぼやっとした状態でした。

花粉の時期はやはり1日に2回飲まないと駄目でしたから、余計にボーッとするんですよね。

鼻を垂らしていたら仕事もできないので、とにかくこちらに来た時は、藁にもすがる思いでした。

 サージセンターはパソコンで偶然に見つけたんです。

これは本当に訴えたいんですが、もっと早く知っていれば・・・5年か、もっと早ければ10年前に知っていればと思って後悔しています。

パソコンで“日帰り手術”と入れたら偶然出てきて・・・ 東京のサージセンターが去年の7月に開院したのを知り、こちらを予約したら、とんとんとんと話が進みました。

さすがに手術は予約で3ヶ月待ちましたけれどね。

 手術の当日も、旅行気分でした。

娘が付き添いで一緒に行ってくれたんですけど、まるで合宿のような感じでした(笑)。

入院中の食事も美味しかったですし、病院の周りにも楽しいところがいっぱいありました。

手術も完全無痛なんですよ!手術室に呼ばれて、不安な気持ちで廊下を歩いて行って、横になってからあとは一切・・・。

終わってからは、いただいた時間に薬を飲んでいれば、全く痛みはありませんでした。

退院して次の日に東京のサージセンターへ行って、鼻から詰め物を取り出す時・・・あれだけです、本当にもうあれだけです。

あまりの痛さに・・・ただ抜くだけなんですけど(笑)。

でもあとは無痛で、2週間詰め物を我慢するだけで、それも痛いわけでもなく、その状態で仕事もできますので、マスクでOK、何の心配もいりません。

悩んでいるんだったら、早く手術をして幸せになったほうが良いです。

 私は重症だったので、今まではティッシュの減りがすごかったんです。

1箱なんてあっという間でしたよ。

とにかく私の動く範囲には全部ティッシュがありましたから。

今は、ほとんど使わないです。

でも主人が習慣なのか買ってきてしまうんですけど(笑)。

術後は全く症状が出ていません。

花粉の時期にどうなるかなと思っていたんですが、今年は全然大丈夫でした。

そしたら、だんだん図々しくなってしまい、2ヵ月後と言われていたのに10ヵ月とすっかり診察に来るのが遅くなってしまいまして(笑)。

だから、悩んでいる人がいたら、どんどん助けてあげて欲しいです。

私はパソコンでサージセンターを偶然見つけたんですけど、知らない人はもったいないです。

だって、症状がひどくいよいよ手術しなくちゃいけないと思って、こちらに伺う前に他の耳鼻科で「どこか手術をできる病院を紹介してください。

」とお願いしたら、お医者さんに体質的なものだから手術をしても駄目でしょうと言われたんですよ。

でも薬も効かなくなって鼻が壊れたようになってしまい・・・でもこちらに来たら、こんなに治っているじゃないですか!だから、本当に皆さんを助けてあげて下さい。

悪く言うところはひとつもないです。

まるで別人のようです!ひとつ幸せになりました。

これで頭痛持ちさえなくなればと思いますが、こればかりはね(笑)。

今は、点鼻薬と鼻うがいをするだけで、他に薬もいらないので、本当に有難うございましたとしか言いようがないです。

もう何十年も薬漬けで、身体に悪く、長い間眠気との戦いだったんですから!感謝の気持ちでいっぱいです。