慢性鼻炎・蓄膿症(副鼻腔炎) 手術治療 耳鼻咽喉科 サージセンター浜松

English Site

患者様の声

大澤 祥夫 様
  • 大澤 祥夫 様
  • 愛知県知多郡
  • 副鼻腔手術 | 後鼻神経切断術 | 鼻中隔手術 | 下鼻甲介手術
  • 日帰り手術

2007年9月サージセンター名古屋にて内視鏡下副鼻腔手術・後鼻神経切断術・鼻中隔彎曲矯正術・下鼻甲 介手術 施行。

高校時代から年中くしゃみが出ているという状態だったのですが、去年くらいから鼻づまりも始まって しまい、口で呼吸しているので喉はいつもカラカラでした。

最初は点鼻薬でごまかしていたのですが、 それも全く効かなくなってしまい・・・辛かったですね。

サージセンターに受診する前は、年に数回耳鼻科に通って点鼻薬をもらうだけで特に治療をしたことは ありませんでした。

蓄膿症の手術は痛いと聞いていたので、なかなか手術に踏み切れなくて・・・。

  ホームページで、サージセンターが日帰り全身麻酔手術を行っているというのを聞いて、興味を持ちま した。

実際サージセンターに来てみて、最初にここで受けたいと思いましたね。

今まで手術というもの を受けたことがなかったので、もちろん不安はありましたけれど。

もともと頭痛持ちだったので、麻酔から覚めた後の頭痛は辛かったです。

次の日から仕事に行けると言 われましたが、ちょっとそれは無理かなと思いました。

術後、2・3日はやはり鼻の痛みがありました。

  特に最初の鼻中隔弯曲症の手術の後は痛みが強かったですね。

2回目以降の手術はだいぶ楽になりまし たが・・・。

  もともと鼻づまりがひどかったので、術後の詰め物による圧迫感などは気にならなかったです。

術後、 食欲はあって、お昼にミスタードーナッツを食べました(笑)。

土曜日に手術を受けてから2日間仕事を休み、火曜日には仕事に復帰しました。

しかし、全く鼻が気に ならなくなるまでには1ヶ月くらいはかかりましたね。

サージセンターでの治療で一番辛かったことは・・・そうですね、ちょうど夏休みと病院の改装工事とが 重なったということもあって、手術を受けられるのが2ヶ月も先で、手術に対する不安もあったので、 2ヶ月も先か・・・という感じでした。

サージセンターで手術を受けて良かったと思うことは、入院をしなくて済んだことです。

その日の内に 自宅に帰れて、自分の布団で眠れるのが1番嬉しかったですね。

不安は全くありませんでした。

  強いて言えば、待つ部屋にテレビがあれば良かったなと思います。

9時に部屋に入ってから、私の場合 11時に順番が来たものですから、呼ばれるまでの間のドキドキ感が・・・。

2回目以降は慣れたこともあ って苦にならなかったですが、やっぱり1回目の手術はね・・・。

術後は、鼻詰まりもほとんど改善され、くしゃみは本当に出なくなりましたよ。

以前は、匂いがわから なかったので、味も全くわからず、食事も味気なかったのですが、今はおいしく食べられます。

   サージセンターに対する意見・要望は・・・そうですね、強いて言えば、せっかくなら年中無休にしてほ しいですね!