慢性鼻炎・蓄膿症(副鼻腔炎) 手術治療 耳鼻咽喉科 サージセンター浜松

English Site

患者様の声

私は人前で話をすることが仕事なものですから、常にベストの状態で声というものを維持することを考えてきました。

しかし風邪をひいたりすると、すぐに症状が鼻に出て鼻声になってしまい、仕事にならなくなってしまうという状況でした。

症状としましては、鼻声、痰がのどにからむ、思いっきり声を出そうとすると声が割れてしまうといったもので、またそういった症状がいつまでも回復しないのでストレスにもなっていました。

これまで、初めて症状が重くなった時に東京で二つ大きな病院に通いましたが、いずれも鼻の骨を削る手術をしなければダメだとおどかされまして・・・。

そうなると入院もしなければなりませんし、仕事も休まなければならないということで手術は避けておりました。

それで困って漢方に頼ったところ、漢方の方では手術はしなくても大丈夫と言われまして、長いこと漢方を服用し、だましだましと言いますか、症状をしのいでおりました。

また、風邪をひいて症状が出た時はいつも市販薬を内服しておりましたが、5~6年ほど前からは鍼で治すようにしておりました。

ところが、早い段階で鍼治療を行えば症状も回復したのですが、一旦風邪をひいてしまった後ですとなかなか治らないという状態でした。

いろいろと悩んでいたそんな時期に東京で通っていた鍼の先生から、“ゴッドハンド”、神の手を持つ医者がいるから、行ってみたらどうかとサージセンターを紹介していただき受診をしたわけです。

実際サージセンターに伺いまして、手術前のご説明をいただき、入院もしなくて良いし、局所麻酔でも大丈夫だと、手術時間も片側15分程度、両側でも30分程度というようなお話を伺って、正直ビックリいたしました。

それで治るのだったらどうしてもっと早く来なかったのだろうというのが正直な思いでしたね。

手術は局所麻酔で周りの手術器具のモーター音などは確かに聞こえてしまうのですが、事前にいただいたご説明で安心してまかせっきりという状況でしたので、不安も全くなく安心して受けられました。

麻酔もしっかり効いておりましたので、痛みもほとんどなかったです。

帰宅後、手術当日は結構頻繁に出血をしておりましたが、時間とともにその量は減ってきました。

翌日にはほとんど出血もなく仕事もしておりましたし、手術の効果を身を持って実感しておりました。

ようやく元の声に戻ってきたなと、とても嬉しかったですね。

現在、自分で言うのもなんですが、声はもうベストの状態です。

早く元の状態で原稿を読みたいという思いがありましたから、現在とても楽ですし、感謝しております。

鼻の手術というと、どうしても昔の外側から切って上げてという外科的な大胆なイメージが強かったのですが、とても繊細に丁寧に行っていただいて本当に感謝しております。

サージセンターを紹介してくださった鍼の先生の“ゴッドハンド”だという話で思い切って受診してみて本当に良かったです。