慢性鼻炎・蓄膿症(副鼻腔炎) 手術治療 耳鼻咽喉科 サージセンター浜松

English Site

患者様の声

佐久間 敬浩 様
  • 佐久間 敬浩 様
  • 神奈川県横浜市
  • 副鼻腔手術 | 後鼻神経切断術 | 下鼻甲介手術
  • 日帰り手術

生まれつき慢性鼻炎、アレルギー性鼻炎で鼻づまりや鼻水の症状がありましたが、17歳頃に花粉症になって症状がひどくなりました。

春は本当に辛くて、花粉症が治る薬ができないか、ワクチンなんてないのかなと思っていました。

鼻水は止まらない状態でほんとうに大変でしたが、鼻の手術をした人の話を聞くと、とても大変そうだったのであきらめていました。

今まで、花粉症の時期に注射や決まった薬の内服をしていましたがあまり効果が無く、その時期を乗り越えるしかなかったのです。

その後、普通の日でも鼻水が寝起きの時とかに出るようになってきてしまって、ティッシュを使ってばかりという状態で使う量もすごい量になるし、本当に辛いなぁと思っていました。

寝ている時も、鼻が詰まっているため口で息を吸ってしまい、喉を痛めてしまうことが多く、鼻を治したいなと切実に思いました。

最近になり何とかしたいという思いが強くなり、インターネットで検索したところサージセンターを見つけました。

内視鏡を用いた日帰り手術で簡単そうだなと思い、興味をそそられ手術してみようと決めました。

手術については、自分自身、鼻以外でいろいろな手術を体験していたので、気楽な感じでいました。

手術前の説明でも30分位で終わると聞いていたし、楽勝だと考えていました。

最初は、楽観視し過ぎていて楽勝だと思っていたのですが、手術直後はやはり鼻の中に詰め物が入っており詰め物の薬の苦味があったり、麻酔覚醒後も1時間位はボーッとしていたりと、辛かったです。

しかし、3~4時間後には大分楽になり、5時間後にはご飯も食べられました。

帰宅する前にはうなぎも食べて帰りましたし、帰宅後も全然問題ありませんでした。

術後の痛みはたいしてなかったです。

術後少しあったのかなぁと言う感じですけど、痛みよりも薬の苦味の方が辛かったので・・・。

帰宅後1~2日間、詰め物に慣れるまでは少し違和感がありましたが、3~4日経って慣れてきた後はそれほど苦にはならなかったです。

その後、痰をはいている内にガーゼが喉の奥の方に抜けてきて少し違和感が増しましたが、そのガーゼが抜けた後は逆に楽になりました。

1週間後の処置で詰め物を抜いた後は、スッキリした感じがあり鼻が軽くなった感じがしました。

その後鼻洗浄を始めて、鼻血が出た後の鼻水の塊のようなものが出ましたが、洗浄を毎日繰り返し行う内に徐々に良くなったって感じがします。

今では、鼻水もほとんど出ないし、鼻づまりもなく鼻の通りも大分良いです。

寝ている時も口で息をしていたのが減って、口の中の乾燥とかもなくなってきました。

本当に鼻の通りが良くなったって事が一番!プラス鼻水の量も減ったというのがすごく大きいです。

最初はやはり遠いので交通費のこととか考えて迷ったところもありますが、結局、横浜や東京には同じような病院がないので、やれるだけの価値はあるかなと思いました。

遠いところから来ても自分はやる価値があったと思うし、鼻炎で困っている人がいたらその人にも薦めたいと思います。

皆、「鼻の治療に名古屋まで行ってる」って言ったらビックリしていましたが、本当に来て良かったと思います。