慢性鼻炎・蓄膿症(副鼻腔炎) 手術治療 耳鼻咽喉科 サージセンター浜松

English Site

患者様の声

3年位前より一年中鼻が詰まるというよりも息ができない状態で、一日のうちで息ができるのが朝の10時まででした。

6時半に起床して会社へ出社しますが、10時頃にはもう両方とも詰まってしまい、その後は夜中までずっと口で息をしている状態でした。

口の中はずっとカラカラですし、ひどいものですよ。

ご飯を食べている時も口を開けて食べなければいけないのでボロボロ落ちますし、噛んでいる時間がなくてすぐに飲み込んでしまうから味もあんまり味わえないし・・・。

座ると特に症状がひどく、電車に乗る時も座れませんでした。

どろどろと鼻水が出てきてしまい、鼻水が出ても詰まっていて吸い込めないものですから、電車の中でもいつも座らないようにしていました。

実は当初、会社から鼻の手術で有名な先生がいると紹介されて名城病院の杉山先生を訪ねて行ったのです。

だけど名城病院の耳鼻科はもう無くなってしまっていて、杉山先生は勝川の方で開業をされているということでした。

そこで勝川まで行き、杉山先生の病院を受診したところ、現在はもう手術をされていないということでしばらくは内服治療で様子を見ていました。

内服治療で少し効果はあったのですが、先生から手術をした方が良いと勧められて手術を受けることを決めました。

手術を受けるにあたり、サージセンターを紹介され、こちらを受診しました。

今まで何の病気をしたことも無く、あまり病院に行ったことがなかったので病院というものをあまり知らなかったのですが、手術に対する不安は全くなかったです。

手術後、麻酔が覚めた後には、「こんなに気持ちの良いもの初めてだ」と大きな声で言ったみたいで皆ビックリしていました。

名古屋で2回手術を行いましたが、右側の手術を行った後は帰宅して1時間後位までは痛みがありました。

痛み止めの薬を飲んで治りましたけどね・・・。

左側の時は痛みも全く無く、残った不快感みたいなものもないしで本当に手術したのかなと思ったくらいでした。

術後は最初から鼻が通っていましたし、詰め物が入っている間も通りました。

どこに詰め物が入っているのかと思ったくらい、スースーでした。

術後1週間目の診察の時に詰め物を抜いてもらいましたが、ビックリするくらい入っているのですね。

本当にあんなにたくさんどこに入っていたのかと思いました。

手術後は集中力もアップし、頭の回転も良くなり、ゴルフのスコアも上がりました。

前がひどかったからでしょうけれど、雲の上に乗っているような感じ、ふんわりふんわりとした軽やかさでしたよ。

口の渇きも全く無くなりましたし、食事がとても美味しく感じられるようになりました。

あと、良いのか悪いのか分かりませんが、術後いびきが出るようになりました。

いびきも鼻が全く通らない状態では出ないですものね。

ひとつ悪い点は、嫌な臭いまで入ってくるということですね。

入ってこなくてもいい臭いまで入ってくる・・・。

今の気持ちは本当に皆さんに感謝感謝!ということだけです。

先生にも、看護師さんも受付の方にも感謝感謝という気持ちだけです。

これからは、私はここの動く宣伝マンです。

手術した方が良いのだけど、自分では分からないで家で悩んでいる人は結構多いと思うのですよ。

蓄膿かどうか分からないで悩んでいる人が、診察を受けられて手術で治るのであれば・・・と思います。

この快感さは皆にあげたいですね