慢性鼻炎・蓄膿症(副鼻腔炎) 手術治療 耳鼻咽喉科 サージセンター浜松

English Site

患者様の声

慢性的な鼻づまりで、左の鼻はほとんど通らず、右も左よりは軽いが通りにくい状態でした。

ずっとそんな状態だったので、それが当たり前だと思っていました。

中学生の頃に一度手術を受けましたが、少し前から、風邪をひくと、風邪が治っても鼻の症状がずっと残る状態になってしまいました。

近くの耳鼻科に行ったところ、再発しているとのことで、サージセンターを紹介してもらいました。

以前受けた手術は、局所麻酔で口を切開する方法だったため、とても痛かったです。

手術は怖かったのですが、通院していた耳鼻科の先生から、サージセンターでの手術は違う方法で痛くないと聞き、安心して手術を受けようと思いました。

手術中はもちろん、術後も痛みはなかったです。

ただ、鼻に詰め物がしてあり鼻で息ができないのだけは苦しかったです。

以前の手術は2週間でしたが、今回は2泊3日でした。

ぱかぱかしている電球もすぐに取り替えてくれて、スタッフの方も、食事も、お部屋も良かったと思います。

術後は、肺いっぱいに呼吸をするということが実感でき、とてもうれしく感じました。

匂いも、以前は「匂いを嗅ぐ」ということをしないと匂わなかったのが、ほのかに漂う香りも香ることができるようになりました。

あと、鼻づまりのせいでずっと頭が重かったのも解消されました。